屋根修理(リフォーム)について

屋根の修理、雨漏り修理なら個人ハウジング金村にお任せ下さい。経験豊富なプロの技術でお家を守ります。
雨漏り修理・瓦屋根差し替え・雨どい修理・屋根塗装・葺き替え工事などお気軽にご相談ください。
地元である神奈川県相模原を中心に修理実績多数あります。

屋根修理例

足場を組んで、屋根材の取替を行いました
Before
After

屋根修理前中後

修理前
修理中
修理後

屋根修理
(リフォームのポイント)

  1. STEP01

    塗り替え

    塗り替えは手軽で経済的な屋根リフォームの方法です。塗装ができる屋根材で、屋根材の表面も下地材もあまり傷んでいない場合に採用します。塗り替えできる屋根材はセメント瓦、化粧スレート、金属系屋根、アスファルトシングルなど、表面が平らなものとなります。
    まずはリフォーム業者に依頼し、屋根の状態や下地材が腐っていないかを、よくチェックしてもらうことが必要です。
    もし、サビが非常に目立っていたり、下地材まで傷んでいたりしたら、塗り替えるよりも葺き替えに切り換えた方がよい場合もあります。
    葺き替えの方がコスト高ですが、下地を含めて屋根を一新でき長期的に考えると経済的です。

  2. STEP02

    重ね葺き

    屋根材の傷みが激しい場合は、カバー工法(重ね葺き)か葺き替えを検討します。重ね葺きとは、既存の屋根を撤去せず、その上に屋根材をかぶせる方法です。屋根材にサビやヒビが目立つものの、下地は傷みが少ない場合などに適しています。採用できる屋根材は、スレート、金属系、アスファルトシングル、アルミダイカスト瓦などです。
    カバー工法のメリットは、葺き替えに比べ工事期間が短く、費用が抑えられる点です。また、既存の屋根を解体しないので廃材が出ず、環境にやさしい方法といえます。
    さらに屋根材が二重になるので、断熱性、遮音性も高まります。

  3. STEP03

    葺き替え

    屋根材はもちろん下地まで傷んでいる場合や、既に雨漏りをしている場合は、下地のやり直しも含めて葺き替えが必要です。 葺き替えとは、既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に替えることです。すべての屋根材に対応できます。
    葺き替えのメリットは、屋根材の下の防水シートや、桟木、下地材まで一新できるので、建物自体の耐久性が向上することです。
    また、屋根リフォームのついでに換気扇や天窓などを設けることもできます。

  4. STEP04

    補修工事

    補修工事とは、塗り替えや重ね葺き、葺き替えまでに至らない小さな工事のことです。傷んだ箇所のみを補修するので、費用が抑えられます。 具体的には、瓦のズレや浮き、割れた部分を交換して直したり、瓦の留め付けを強くしたりします。また、雨漏りの原因を調べて直したり、棟の瓦の一部を外して交換する工事、瓦の接合部の漆喰やモルタルがくずれ下の土が見えている場合も補修工事の対象になります。
    スレートなどの場合は、変色した部分のみを塗り直すなどの工事も含みます。